HOME > 女子学生、渡辺京二に会いに行く

女子学生、渡辺京二に会いに行く

女子学生、渡辺京二に会いに行く
著者 渡辺京二+津田塾大学 三砂ちづるゼミ
価格 1,600円(税別)
発売日 2011年9月24日
判型 四六判
製本 並製
頁数 276頁
ISBN 978-4-7505-1123-8
Cコード C0095

オンライン書店で購入

アマゾン / 楽天ブックス / honto / セブンネットショッピング / 紀伊國屋Web Store / ブックサービス / e-hon / HMV / TSUTAYA / Honya Club.com / Yahoo!ショッピング / ヨドバシ.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

齢80歳にしてますます明晰。『逝きし世の面影』の著者と学生との2日間にわたる奇跡のセッション。私たちの生きづらさのワケとは?

【もくじ】
はじめに 三砂ちづる

1. 子育てが負担なわたしたち
2. 学校なんてたいしたところじゃない
3. はみだしものでかまわない
4. 故郷がどこかわからない
5. 親殺しと居場所さがし
6. やりがいのある仕事につきたい
7. 自分の言葉で話すために――三人の卒業生

無名に埋没せよ 渡辺京二
おわりに 渡辺京二

【編集部より】
渡辺京二さんは熊本在住。石牟礼道子さんの『苦海浄土』を世に出すなど、編集者としても知られ、知る人ぞ知る歴史家である。その渡辺さんに津田塾の学生が自分のテーマや悩みをぶつけた。
渡辺さんのコメントからは、私たちがどのような時代に生きていて、なぜ今のような悩みをもつのかが、見えてくる。近代化やグローバル化に、違和感を持つ人は多いだろう。でも私たちは後戻りはできないのだ。違和感を抱えながら、どんなふうに生きていくのか、そんな根源的な疑問をつきつけてくるのが本書である。

PAGE TOP