HOME > 英国一家、ますます日本を食べる

亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ Ⅰ-13 英国一家、ますます日本を食べる

英国一家、ますます日本を食べる
著者 マイケル・ブース 著
寺西のぶ子 訳
価格 1,500円(税別)
発売日 2014年5月16日
判型 四六判
製本 並製
頁数 216頁
ISBN 978-4-7505-1408-6
Cコード C0095
電子書籍発売中

オンライン書店で購入

アマゾン / 楽天ブックス / honto / セブンネットショッピング / 紀伊國屋Web Store / ブックサービス / e-hon / HMV / TSUTAYA / Honya Club.com / Yahoo!ショッピング / ヨドバシ.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

<異邦人食紀行の金字塔>
シリーズ累計10万部超!

わたしたち日本人が見落としがちな
「日本の食」の素晴らしさを再発見!!
イギリス人フードジャーナリスト一家が、100日間で日本を縦断。
深い教養に裏打ちされた日本食へのリスペクトと、
英国人ならではのユーモアが光る「旅と食の記録」。
読めばお腹が空いてくる、垂涎のベストセラー第2弾!!


『英国一家、日本を食べる』刊行から1年。
前作では収録しきれなかった原著“Sushi & Beyond"内の16章に加えて、
本書だけの特別追加原稿および日本人読者に向けた
書き下ろしエピローグを収録した続編が一冊の本になりました。

あなたにとって“和食"とは何ですか?


【もくじ】
1 魚屋の魚屋――東京・築地
2 MSG――東京・味の素社訪問
3 余すところなく食べる魚――焼津・カツオ
4 本物のワサビ――天城山・本ワサビ
5 道具街――東京・かっぱ橋
6 初めてにぎる鮨――東京・料理教室
7 料理サークル――京都・オムライス
8 禅の対話――京都・枯山水
9 失われた魂の森――高野山・精進料理 
10 牛肉に抱く妄想――松阪・和牛
11 海女――志摩・真珠とサザエ
12 世界一の醤油――香川・27年物
13 フグに挑戦――下関・ふく
14 南国のビーチ――沖縄・牧志公設市場
15 世界一長寿の村――大宜味村・豆腐よう
16 身体にいい塩――沖縄・ぬちまーす

特別番外編 裸のつきあい――兵庫・城崎温泉

エピローグ
訳者あとがき

PAGE TOP