HOME > マルクスとともに資本主義の終わりを考える

マルクスとともに資本主義の終わりを考える

マルクスとともに資本主義の終わりを考える
著者 的場昭弘
価格 1,800円(税別)
発売日 2014年9月24日
判型 四六判
製本 並製
頁数 254頁
ISBN 978-4-7505-1416-1
Cコード C0010

オンライン書店で購入

アマゾン / 楽天ブックス / honto / セブンネットショッピング / 紀伊國屋Web Store / ブックサービス / e-hon / HMV / TSUTAYA / Honya Club.com / Yahoo!ショッピング / ヨドバシ.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

マルクスが予見した世界が目の前にある!

成長と利潤確保を義務付けられた資本主義は、
どこにも「差」を生み出せなくなったときに動きを止める――

『マルクスならこう考える』から10年、
この間の決定的変化をマルクスに沿って捉え直す。



【目次】
はじめに 反資本主義の趨勢
序章 六〇階建ての幽霊ビル――危機の資本主義
第一章 まやかしとしての人権と民主主義――アラブの春から逆照射されるもの
第二章 資本主義の行き着く先――たとえば原料供給国マリ
第三章 「自由」とは「所有」のことである――フランス革命の功罪
第四章 過剰資本と過剰生産――世界再編の必要性
第五章 資本主義の宿痾――利潤率の傾向的低落
終章 「小さな社会」の構想

PAGE TOP