HOME > 日韓安全保障協力の検証

日韓安全保障協力の検証 冷戦以後の「脅威」をめぐる力学

日韓安全保障協力の検証
著者 冨樫 あゆみ
価格 2,800円(税別)
発売日 2017年6月22日
判型 四六判
製本 上製
頁数 272頁
ISBN 978-4-7505-1514-4
Cコード C0031

オンライン書店で購入

アマゾン / 楽天ブックス / honto / セブンネットショッピング / 紀伊國屋Web Store / ブックサービス / e-hon / HMV / TSUTAYA / Honya Club.com / Yahoo!ショッピング / ヨドバシ.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

朝鮮半島有事を見据え、再認識すべき日韓のもう一つの真実と未来

歴史問題で政治は大きく停滞したのに「安全保障協力」が進んだのはなぜか?
国際関係理論を用いながらも、それだけでは割り切れない冷戦後の日韓安全保障の特異な在り方を探る。

【目次】
第1章 脱冷戦期の日韓安全保障協力を対象にする理由
第2章 冷戦期の日韓安全保障
第3章 脱冷戦期日韓安全保障協力の形成
第4章 日韓安全保障協力の拡大
第5章 日韓安全保障協力の停滞
第6章 日韓安全保障協力の転換期
終章  日韓安全保障協力のジレンマ

著者紹介

冨樫あゆみ(とがし・あゆみ)
九州大学韓国研究センター特任助教(学術研究員)。政治学博士。専門は国際関係論、東アジア安全保障。2009年、英国サセックス大学国際関係学修士課程修了(M.A. in International Relations)。2016年、ソウル大学校政治外交学部政治学専攻博士課程修了。2016年4月から現職。主要論文に「理念的新古典現実主義に対する考察―日本の対中安全保障戦略と日米同盟(韓国語)」「脱冷戦期初期日韓安全保障協力形成要因に対する検討(韓国語)」などがある。

PAGE TOP