HOME > 最新刊順書籍一覧 > 常世の花 石牟礼道子

常世の花 石牟礼道子

常世の花 石牟礼道子
著者 若松 英輔
価格 1,500円(税別)
発売日 2018年4月19日
判型 四六判
製本 上製
頁数 178頁
ISBN 978-4-7505-1546-5
Cコード C0095

オンライン書店で購入

アマゾン / 楽天ブックス / honto / セブンネットショッピング / 紀伊國屋Web Store / ブックサービス / e-hon / HMV / TSUTAYA / Honya Club.com / Yahoo!ショッピング / ヨドバシ.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

苦しみの中にある者たちを照らし続けた作家に捧げる、言葉の花束。

人間を超え、生類へと広がる世界を見つめ続けた石牟礼道子。『苦海浄土』をはじめ数々の名著を遺して世を去った作家が生涯を賭して闘ったものとは何だったのか。
作家と親しく交流し、NHK「100de名著『苦海浄土』」で講師もつとめた批評家がその精髄に迫る。
石牟礼道子と著者の対談も収録。 

昨年の六月に会ったとき、石牟礼さんが伝えたいと言っていたのも、どんなに語ろうとしても言葉にならないことがある、ということだったような気がしている。
会って話さねばならないことがある、人はそう強く感じても、それを語り得るとは限らない。だが、対話を求められた方は、その気持ちを受けとめることができる。語り得ないことを語り継ぐ、それが石牟礼道子の遺言だったと、私は勝手に解釈している。(あとがきより)

【書評・メディア情報】
下野新聞(6月3日)/短評
信濃毎日新聞(6月3日)/短評
北海道新聞(6月10日)/書評(青来有一氏・作家)
熊本日日新聞(6月17日)/書評(俵万智氏・歌人)
南日本新聞(7月15日)/書評(谷口元子氏・2014年度南日本文学賞受賞者)
週刊読書人(7月27日)/2018年上半期の収穫から(砂川秀樹氏・文化人類学者)
毎日新聞(8月12日)/書評(中島岳志氏・東京工業大学教授、政治学)

著者紹介

若松英輔(わかまつ えいすけ)
批評家・随筆家。1968年生まれ、慶應義塾大学文学部仏文科卒業。2007年「越知保夫とその時代 求道の文学」にて三田文学新人賞、2016年『叡智の詩学 小林秀雄と井筒俊彦』にて西脇順三郎学術賞、2018年『詩集 見えない涙』にて詩歌文学館賞受賞。著書に『イエス伝』(中央公論新社)、『魂にふれる 大震災と、生きている死者』(トランスビュー)、『生きる哲学』(文春新書)、『霊性の哲学』(角川選書)、『悲しみの秘義』(ナナロク社)、『小林秀雄 美しい花』(文藝春秋)、『内村鑑三 悲しみの使徒』(岩波新書)、『生きていくうえで、かけがえのないこと』『言葉の贈り物』『詩集 幸福論』(以上、亜紀書房)など多数。

PAGE TOP