HOME > 書籍検索:医療・介護 > 破損した脳、感じる心

破損した脳、感じる心 高次脳機能障害のリハビリ家族学

破損した脳、感じる心
著者 犬塚芳美
価格 1,600円(税別)
発売日 2012年9月14日
判型 四六判
製本 並製
頁数 220頁
ISBN 978-4-7505-1222-8
Cコード C0095

オンライン書店で購入

アマゾン / 楽天ブックス / honto / セブンネットショッピング / 紀伊國屋Web Store / ブックサービス / e-hon / HMV / TSUTAYA / Honya Club.com / Yahoo!ショッピング / ヨドバシ.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

ある夜酔っぱらって後頭部を強打。生死の境をさまよい、片麻痺や高次脳機能障害という障害を抱える身に、夫がなった。きのうまで元気だったのに、計算もできない。左右の概念がない。視野が狭くなる。右半身に麻痺がある・・・・・・。ああ、私ひとりでどうしたらいいの?でも夫を治すのは私しかいない。
数を数える。発声練習のため般若心経を唱える。俳句を作る。散歩に連れ出す。着替えを手伝わない。看護師も舌を巻くスパルタ・リハビリ師となって、見事な復活をサポート。
運と努力と家族のがんばりで、高次脳機能生涯を乗り切った家族の記録。高次脳機能障害をけっしてあきらめないで。

PAGE TOP