HOME > 私のイラストレーション史

私のイラストレーション史

私のイラストレーション史
著者 南 伸坊
価格 1,800円(税別)
発売日 2019年5月25日
判型 四六判
製本 並製
頁数 288頁
ISBN 978-4-7505-1578-6
Cコード C0095

オンライン書店で購入

アマゾン / 楽天ブックス / honto / セブンネットショッピング / 紀伊國屋Web Store / e-hon / HMV / TSUTAYA / Honya Club.com / Yahoo!ショッピング / ヨドバシ.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

あの頃、“イラストレーション"という言葉には、魔法がかかっていた。

和田誠、赤瀬川原平、木村恒久、横尾忠則、水木しげる、つげ義春、長新太、湯村輝彦、安西水丸……

学生時代から「ガロ」編集長時代までを駆け抜ける、自伝エッセイ。

モノクロ&カラーイラストを100枚以上収録。

〈もう少し経つと「イラストレーション」と日本語で言う人は、テレビのことを「テレビジョン」と言う人みたいになってしまうだろうが、1960〜80年くらいまで、イラストレーションというコトバは輝いていた。輝かせていたのは、雑誌『話の特集』に寄稿した、つまりアートディレクター和田誠に声をかけられたデザイナーや絵本作家、漫画家の人々だった。しかし当時イラストレーターという職業はまだなかったのだ。〉(本書より)

【書評・メディア情報】
サンデー毎日(7月7日号)/本のある日々(上原隆氏)
日本経済新聞(7月6日)/著者インタビュー
毎日新聞(7月7日)/原画展記事
下野新聞(8月4日)/著者インタビュー
毎日新聞(8月4日)/書評(養老孟司氏)
婦人公論(8月27日号)/書評(渡邊十絲子氏)
日本海新聞(8月5日)/著者インタビュー
大阪日日新聞(8月5日)/著者インタビュー
神戸新聞(8月11日)/著者インタビュー
産経新聞(8月17日)/紹介
信濃毎日新聞(8月18日)/著者インタビュー
東奥日報(8月18日)/著者インタビュー
AERA(9月9日号)/書評(苅部直氏・政治学者)
考える人(9月18日)/連載「最後の読書」(津野海太郎氏)
読売新聞(10月13日)/書評(鈴木祥仁氏)

著者紹介

南伸坊(みなみ・しんぼう)
1947年東京生まれ。東京都立工芸高等学校デザイン科卒業、美学校・木村恒久教場、赤瀬川原平教場に学ぶ。イラストレーター・装丁デザイナー・エッセイスト。雑誌『ガロ』の編集長を経て、フリー。主な著書に『ぼくのコドモ時間』『笑う茶碗』(共にちくま文庫)、『装丁/南伸坊』(フレーベル館)、『本人伝説』(文春文庫)、『おじいさんになったね』(海竜社)、『くろちゃんとツマと私』(東京書籍)などがある。

PAGE TOP