HOME > 発売年度毎:2011年 > ザッツ・ア・プレンティー

ザッツ・ア・プレンティー

ザッツ・ア・プレンティー
著者 松岡弓子
価格 1,800円(税別)
発売日 2011年12月21日
判型 四六判
製本 上製
頁数 416頁
ISBN 978-4-7505-1130-6
Cコード C0095

オンライン書店で購入

アマゾン / 楽天ブックス / honto / セブンネットショッピング / 紀伊國屋Web Store / ブックサービス / e-hon / HMV / TSUTAYA / Honya Club.com / Yahoo!ショッピング / ヨドバシ.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

父・立川談志との258日
『ザッツ・ア・プレンティ―』は、故立川談志が好きだったディキシーランドジャズの名曲。
立川談志は、家族とこの曲に送られ、2011年11月23日、荼毘に付された。
3月の立川流一門会を最後に、声を失い、闘病生活に入った談志が、どんな思いで亡くなるまでのおよそ8ヵ月を生きたのか。最後まで「談志」でありつづけた天才落語家の姿、そしてそれを支えた家族。
本書は、日記スタイルで258日間、1日も欠かすことなく、談志と家族が病と闘う姿を記録した作品である。




内容を一部抜粋

●四月二十八日(木) 一時半頃、やっと父が起きた。ベッドから座椅子に移動して、『刑事コロンボ』を観だした。座ったまま、自分で血糖値とインシュリンをしてくれた。父のお世話をしたくてここに来ているが、本当はもっと話したり、遊んだりしたいのです。

●五月八日(日) 父が昔買ったビン・ラディンのTシャツを着て見せたら〈OK〉とうなずいた。ビン・ラディンのTシャツを着て介護する。ファンキーだ。

●五月十二日(木) 夕方になり、父と六階の部屋へ歩いていった。父は割としっかり歩けた。そして今、二人で向かい合って日記を書いている。とても良い時間だと思う。

●五月十三日(金) 何か話そうとするので、喉の穴をふさいだら何と声が出た!「昨日はだれが泊まったの?」はっきり聞こえた。パパはすごい。「立川談志は不滅です」と母と弟と喜んだ。

●五月十八日(水) 父が一時間もたたないで起きてしまったらしい。あまり調子がよくない。熱も出る。少しでも楽に過ごさせてあげたいのだが……。

●五月二十日(金) 普通のルールに収まるはずがない。父は立川談志なんだもの。毎日命がけで、落語のネタみたいなことをしている。

●五月二十四日(火) 父の悲しいメモを見つけてしまった。「動けない。物は喰えない。だァれにも会えず、独りで、家族に支えられて生きています」。

●五月二十八日(土) 今日、父の日記を盗み見た。「弓子の日記、オレよりきれいで、きちんとしてる」と書いてあった。初めて私の日記を読んだのだ。

●六月三日(金) トイレに連れていくのが大変になってきた。とにかく重いのだ。父が自分で思うように動けず、便座にちゃんと座るのが難しい。

●六月五日(日) 今日、エレベーターの鏡に父は自分を映して、顔をなでながら〈やせちまったなァー〉という顔をした。

●六月六日(月) 父が主治医に〈声は?〉と聞いたが、「すみません、今の状態では難しいです」と言われた。

●六月十四日(火) ゴミ捨てに行ってほめられたり、感激されたりするのもどうかと思うが、今の父にとってそれはすごいことなのだ。

●六月十八日(土) 父は今、日記を書いている。そばで母とペチャクチャ話をしていたら、〈しゃべりたァーい〉とメモに書いた。

【担当編集から一言】
本書は闘病記や介護日記ではありません。最後は立川談志ではなく、松岡克由(本名)に戻って、家族に看取られたという解釈もあるようですが、実はそうではないと思います。
この本は、立川談志が最後まで落語家であり続け、あくまで「談志」であったという証です。(M)


PAGE TOP