あき地

updated20180622

new page

常玉 SANYU 1895-1966 モンパルナスの華人画家

二村淳子

パリに生き、散った自由と孤独を愛したアジアの画家、常玉(サンユー)。日本初となる作品集の刊行を記念し、彼の人生と作品を紹介します。

2018.6.22

ペルー、アルゼンチン、ボリビア、パラグアイ、ブラジル、ニホン、ワカモノ

神里雄大

19世紀末から20世紀半ばにかけて、30万人以上の日本人が南米大陸へ渡った。ワカモノだった彼らはとてもよく働いた。子どもが生まれ、その子どもにも子どもが生まれ……
演出家・神里雄大はペルーに生まれた。20数年ぶりに訪れた生まれ故郷で、日系の若者たちに出会う。もしかしたら自分もここにいたかもしれない。北へ南へ、東へ西へ。南米のワカモノたちに出会う旅。

2018.6.21

見えないものと仲良くなる

安田登

「見えるものしか信じない」そんな閉じた世界観を打ち破り、見えないものたちとのとの自由な交通を取り戻せ。  能楽師・安田登が案内する、言葉の古層への旅!

2018.6.19