あき地

updated20171115

new page

犬(きみ)がいるから

村井理子

わが家にイケワンがやってきた! 家じゅう破壊されまくっても、愛しくてたまらない。見る見る大きくなっていく黒ラブラドール「ハリー」との楽しくて、かけがえがない時間を綴る。

2017.11.15

落語で哲学

中村昇

哲学者が落語を読み解く。
いや、違う。それだけにとどまらない。
落語のネタを思考し、精神に分け入り、登場人物の身になってみることで、文字通り落語を哲学してみる。
「哲学としての落語」「落語としての哲学」がいま、現れる。

2017.11.14

言葉ことはじめ

池内紀

「小市民」? 「やにさがる」? 耳にしたこと口にしたことはあるけれど、よくよく考えてみるとしっくり来ない言葉たち。その意味やいわれを解説し、その手触りを味わっていきます。言葉との付き合いが深まる、池内流「言葉考」。

2017.11.10