HOME > キレイならいいのか

亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ Ⅰ-8 キレイならいいのか  ビューティ・バイアス

キレイならいいのか
著者 デボラ・L・ロード 著
栗原泉 訳
価格 2,300円(税別)
発売日 2012年2月22日
判型 四六判
製本 上製
頁数 294頁
ISBN 978-4-7505-1203-7
Cコード C0036

オンライン書店で購入

アマゾン / 楽天ブックス / honto / セブンネットショッピング / 紀伊國屋Web Store / ブックサービス / e-hon / HMV / TSUTAYA / Honya Club.com / Yahoo!ショッピング / ヨドバシ.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

ダイエット400億ドル、化粧品180億ドル、
この巨大市場を生み出すバイアスに迫る!

原題は「The Beauty Bias」。なんとも興味をそそるタイトルだ。

「容姿による差別」を問題にすると「ほかにもっと大きな問題があるのになぜそんなことを」と言われてしまう。しかし、その小さな問題に、年400 億ドル(ダイエット)、180 億ドル(化粧品)が費やされ、就職差別があり、生涯賃金まで変わってくる……ともいえるし、逆に、”だからこそ”、その巨大市場が存在するともいえる。「容姿差別はしかたない。男も女も美しいほうがいいに決まっている」「見た目がすべて」という考えを公言する人間は少なくない。

スタンフォード大学法科大学院アーネストW.マクファーランドの冠教授で、法曹倫理でもっとも多く引用される研究者デボラ・L・ロード(Deborah L. Rhode) が、医療業界やメディアにおける「美のバイアス」を歴史的・文化的背景を踏まえながら検証する。「美のバイアス」の正体はいかに。


PAGE TOP