HOME > 宅間守 精神鑑定書

宅間守 精神鑑定書 精神医療と刑事司法のはざまで

宅間守 精神鑑定書
著者 岡江晃
価格 2,400円(税別)
発売日 2013年5月23日
判型 四六判
製本 上製
頁数 416頁
ISBN 978-4-7505-1310-2
Cコード C0095
電子書籍発売中

オンライン書店で購入

アマゾン / 楽天ブックス / honto / セブンネットショッピング / 紀伊國屋Web Store / ブックサービス / e-hon / HMV / TSUTAYA / Honya Club.com / Yahoo!ショッピング / ヨドバシ.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

【内容紹介】
宅間守は2001年6月、大阪教育大学附属池田小学校で児童・教諭を殺傷した。
2003年8月、死刑判決を受け、2004年9月、死刑が執行された。
本書は、宅間守と17回面接し、精神鑑定を行った精神科医による初の著書である。
大阪地方裁判所へ提出された精神鑑定書を、ほぼそのまま収載している。

岡江 晃
精神科医。1946年、高知県に生まれる。京都大学医学部卒業後、1972年から京都府立洛南病院に勤務し、重大犯罪を犯した精神障害者や覚醒剤精神病者の治療に精力的に取り組む。1998年に副院長、2003年から2011年まで院長を務める。1992年より刑事事件の精神鑑定を担当するようになり、2002年の宅間守の精神鑑定を含め、これまでに90件の精神鑑定を行ってきた。

【目次】
第一章 家族歴
第二章 本人歴
第三章 本件犯行
第四章 現在症
第五章 診断
第六章 鑑定主文




PAGE TOP