HOME > 生きていくうえで、かけがえのないこと

生きていくうえで、かけがえのないこと

生きていくうえで、かけがえのないこと
著者 若松英輔
価格 1,300円(税別)
発売日 2016年8月25日
判型 四六判
製本 上製
頁数 144頁
ISBN 978-4-7505-1483-3
Cコード C0095

オンライン書店で購入

アマゾン / 楽天ブックス / honto / セブンネットショッピング / 紀伊國屋Web Store / ブックサービス / e-hon / HMV / TSUTAYA / Honya Club.com / Yahoo!ショッピング / ヨドバシ.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

吉村萬壱版『生きていくうえで、かけがえのないこと』
同タイトルで同時発売!


ふれる、聞く、愛する、憎む……

悲しみの先に広がる
25の風景

NHK「100分de名著」(9月)著者出演!
『悲しみの秘儀』に続き魂の思想家が贈るエッセイ集!

生きていればときに闇の中を歩かなくてはならないことがある。そうしたとき、私たちは、内なる言葉を、ともしびにしながら歩くことができる。言葉など、と思ってはもったいない。たった一つの言葉にも闇にある人を光へと導く力が宿っている。
(「祈る」より)

25の「生きていくうえで、かけがえのないこと」
眠る 食べる 出す 休む 書く 
ふれる 悲しむ 喜ぶ 嘆く 老いる 
読む 見る 聞く ときめく 忘れる 
働く 癒す 愛する 耐える 念ずる 
待つ 憎む 見つめる 壊す 祈る

【書評・メディア情報】
産經新聞(関西)(9月30日)/著者インタビュー
北海道新聞(10月2日)/著者インタビュー
信濃毎日新聞(10月25日)/紹介記事
京都新聞(11月6日)/紹介記事
Hanako no.1123(11月24日)/紹介(町田康氏・作家、山田航氏・歌人)
 
    
    
    
   

著者紹介

批評家・随筆家。1968年生まれ、慶應義塾大学文学部仏文科卒業。2007年「越知保夫とその時代 求道の文学」にて三田文学新人賞、2016年『叡知の詩学 小林秀雄と井筒俊彦』にて西脇順三郎学術賞を受賞。著書に『井筒俊彦 叡知の哲学』(慶應義塾大学出版会)、『イエス伝』(中央公論新社)、『魂にふれる 大震災と、生きている死者』(トランスビュー)、『涙のしずくに洗われて咲きいづるもの』(河出書房新社)、『生きる哲学』(文春新書)、『霊性の哲学』(角川選書)、『悲しみの秘義』(ナナロク社)など多数。

PAGE TOP