HOME > 見えない涙

見えない涙

見えない涙
著者 若松 英輔
価格 1,800円(税別)
発売日 2017年4月27日
判型 四六判変型
製本 仮フランス装
頁数 112頁
ISBN 978-4-7505-1498-7
Cコード C0095

オンライン書店で購入

アマゾン / 楽天ブックス / honto / セブンネットショッピング / 紀伊國屋Web Store / ブックサービス / e-hon / HMV / TSUTAYA / Honya Club.com / Yahoo!ショッピング / ヨドバシ.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

「活字から声が聞こえる、
若松さんの詩には体温がある。」
谷川俊太郎

「この詩集を読む者は、まず詩情のきよらかさに搏たれる。それはただの純情ではなく、ぎりぎりまでものを考える知性で裏打ちされている。まるで奥深い天上の光が差しこんで来るかのようだ。」
石牟礼道子

泣くことも忘れてしまった人たちへ。
26編の詩を収めた、若松英輔初の詩集。


今日は記念日
あなたとわたしが出会った日
いっしょにお祝いをしたいけれど
あなたがいるところへは
行けないから
いくつかの言葉を贈ります

ぜったいに独りにしない
そう約束したのに
突然
逝ってしまったあなたへ
かなしみという 藍色の切手を貼って
(「記念日」より)


【目次】
燈火
風の電話
記念日
楽園
ヒトから人へ
コトバ
香炉
薬草
旧い友
詩人
読めない本
仕事

夏の花
さくら
見えないこよみ
悲願
歓喜
邂逅
悲しさを語るな
聖女の遺言
天来の使者
言葉の舟
言葉の護符
騎士
青い花

【書評・メディア情報】
公明新聞(6月19日)/書評(野村喜和夫氏・詩人)

著者紹介

若松英輔(わかまつ・えいすけ)
批評家・随筆家。一九六八年生まれ、慶應義塾大学文学部仏文科卒業。二〇〇七年「越知保夫とその時代 求道の文学」にて三田文学新人賞、二〇一六年『叡知の詩学 小林秀雄と井筒俊彦』にて西脇順三郎学術賞を受賞。
著書に『イエス伝』(中央公論新社)、『魂にふれる 大震災と、生きている死者』(トランスビュー)、『生きる哲学』(文春新書)、『霊性の哲学』(角川選書)、『悲しみの秘義』(ナナロク社)、『生きていくうえで、かけがえのないこと』『言葉の贈り物』(共に亜紀書房)、志村ふくみとの共著『緋の舟』(求龍堂)など多数。

PAGE TOP