HOME > ウイルスは悪者か

ウイルスは悪者か お侍先生のウイルス学講義

ウイルスは悪者か
著者 髙田 礼人 著
萱原 正嗣 構成
価格 1,850円(税別)
発売日 2018年10月25日
判型 四六判
製本 並製
頁数 360頁
ISBN 978-4-7505-1559-5
Cコード C0045

オンライン書店で購入

アマゾン / 楽天ブックス / honto / セブンネットショッピング / 紀伊國屋Web Store / ブックサービス / e-hon / HMV / TSUTAYA / Honya Club.com / Yahoo!ショッピング / ヨドバシ.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

ウイルスは悪者なのか?
そう決めつけるにはまだ早い

エボラ出血熱、デング熱、新型インフルエンザなどをもたらし、
時に人類にとって大きな脅威となるウイルス――
しかしそれは、この「生物ならざるもの」が持つ一面に過ぎない

ザンビアの洞窟でコウモリを捕まえ、モンゴルの大草原でひたすら糞を拾う
ラボと世界各地のフィールドを行き来し研究を続ける"お侍先生"が、その本質に迫る

私の研究対象が人獣共通感染症病原体だったからか、頻繁にフィールドでの調査に赴く機会に恵まれた。次第に、自然界におけるウイルスのあり方について、思いをよく巡らせるようになった。そしていまでは、ウイルスへの見方がずいぶんと変わってきた。(本文より)

著者紹介

髙田礼人(たかだ・あやと)
1968年東京都生まれ。北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター教授。93年北海道大学獣医学部卒業、96年同大獣医学研究科修了、博士(獣医学)。97年同大獣医学研究科助手、2000年東京大学医科学研究所助手を経て、05年より現職。07年よりザンビア大学獣医学部客員教授、09年より米NIHロッキーマウンテン研究所の客員研究員。専門は獣医学、ウイルス学。エボラウイルスやインフルエンザウイルスなど、人獣共通感染症を引き起こすウイルスの伝播・感染メカニズム解明や診断・治療薬開発のための研究を行っている。ザンビア、コンゴ、モンゴル、インドネシアなど研究のフィールドは世界各地に及ぶ。剣道は小学生のときに始めた。好きなピアノ曲はショパンとドビュッシーとラヴェル。好物はツブ貝とカツオ(海鮮はなんでも好き)。好きな肉はタンとサガリと内臓全般。ビールはエビスか黒ラベル。タバコはピースライト。

構成 萱原正嗣(かやはら・まさつぐ)
1976年大阪府生まれ神奈川県育ち。大学卒業後、会社員を経て2008年よりフリーライターに。理系ライター集団「チーム・パスカル」所属。人物ルポから人文・歴史、社会科学、自然科学まで幅広いテーマを執筆。手がけた書籍は『ほぼ命がけサメ図鑑』(沼口麻子著、講談社)『バベる!』(岡啓輔著、筑摩書房)『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』(渡邉格著、講談社α文庫)『植物の体の中では何が起こっているのか』(嶋田幸久との共著、ベレ出版)『闘え!高専ロボコン ロボットにかける青春』(単著、ベストセラーズ)など。本書執筆中に、取材にかこつけザンビアでバカンスを堪能。

PAGE TOP