HOME > 最新刊順書籍一覧 > 沈黙のちから

沈黙のちから

沈黙のちから
著者 若松 英輔
価格 1,430円(税込)
発売日 2021年9月1日
判型 四六判変型
製本 並製
頁数 168頁
ISBN 978-4-7505-1713-1
Cコード C0095

オンライン書店で購入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

 
言葉にならないものを「心の耳」で聴くために


いくら華麗な言葉を並べても、本当のおもいが伝わるとは限らない。
うまく語ってはならない。
文字にならない、消えない熱を伝えなければならない。

――詩を書くこと、耳を傾けること、祈ること。


自らの体験に照らしつつ、言葉の向こう側に広がる沈黙の意味に迫るエッセイ集。
かつてないほど言葉が軽んじられる時代に、批評家が問う「沈黙の秘義」。




【目次】
Ⅰ.詩について
Ⅱ.言葉の終わるところで
Ⅲ.信じるということ



《こちらもおすすめ》
若松英輔『弱さのちから』
弱さを克服し、強くなることが善とされてきたが、それは本当だろうか?——現代に鋭い問いを投げかけ続ける批評家が、危機の時代を生き抜くための叡智を、やさしく語る。

若松英輔『読書のちから』
知識ではなく、人生の手応えを与えてくれる「生涯の一冊」に出会うための方法も記す、読書をめぐるエッセイ集。

著者紹介

若松 英輔(わかまつ・えいすけ)
1968年新潟県生まれ。批評家、随筆家、東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授。慶應義塾大学文学部仏文科卒業。2007年「越知保夫とその時代 求道の文学」にて第14回三田文学新人賞評論部門当選、2016年『叡知の詩学 小林秀雄と井筒俊彦』(慶應義塾大学出版会)にて第2回西脇順三郎学術賞受賞、2018年『詩集 見えない涙』(亜紀書房)にて第33回詩歌文学館賞詩部門受賞、『小林秀雄 美しい花』(文藝春秋) にて第16回角川財団学芸賞、2019年に第16回蓮如賞受賞。
著書に『イエス伝』(中央公論新社)、『悲しみの秘義』(ナナロク社、文春文庫)、『内村鑑三 悲しみの使徒』(岩波新書)、『詩集 たましいの世話』『本を読めなくなった人のための読書論』『弱さのちから』『読書のちから』(以上、亜紀書房)、『詩と出会う 詩と生きる』(NHK出版)、『霧の彼方 須賀敦子』(集英社)など多数。

PAGE TOP