あき地

updated20211202

new page

ニューヨークで考え中

近藤聡乃

一年だけのつもりが、気がつけばニューヨークに住み始めて早13年。まばゆい摩天楼都市の片隅で拾い集めた日々のあれこれを、見開き2ページ、一話完結のスタイルで描く、等身大のつれづれNYコミックエッセイ!

2021.12.2

虫を描く私――標本画家のひとりごと

川島逸郎

科学的な視点にもとづき、何台もの顕微鏡を駆使し、ペンや筆で昆虫の体の微細なパーツを描く「標本画」。そこには、写真以上のリアルさが宿っている。線を引き、点を打ち、寝ても覚めても昆虫画業――日本屈指の標本画家が、一枚の画に込めた思いをひっそりと語る。

2021.12.1

午后のあくび

コマツシンヤ

ヘンテコなことがあぶくのように湧いてくる、ここは白玉町。 この町では、毎日がちょっとフシギで、毎日がきっとステキ。

2021.11.26

ミィちゃんは今日もがんばらない

esk

Instagramで人気の猫キャラがマンガになった! 「がんばらない」が座右の銘のトラ猫・ミィちゃん(♀)が放つ、ユルいなかにもハッとする名言の数々。ちょっぴりハード&スパイシーでビターな日常も、彼女にかかればほっこり笑顔に。ついつい頑張りすぎてしまう、そんなあなたに捧げます。

2021.11.26

想い出にあなたが住む限り――女の子はなぜ総合職をあきらめてしまうのか

田中東子

東子先生は、大学で多くの女子学生に触れ、彼女たちの悩みや望みについて聞いてきた。「頑張ってね!」と背中を押しながらも、彼女たちがどこかで日本社会の壁にぶち当たることも知っている。「女の子なんだから」という呪いの言葉を跳ね返し、この社会で生き抜く術とは? ひとり一人の顔を思い出しながら、彼女たちに向けた言葉を紡ぐ手紙エッセイ

2021.11.22

私の墓場放浪記

仲村清司

人間の最後の「移住先」はお墓である――せっかく移住するのなら、いろいろ準備や下調べが必要だ。大阪、東京、那覇、京都と様々な土地に移住してきたエッセイストが贈る、実録移住ルポルタージュ!?

2021.11.19