HOME > 本当に野党ではダメなのか?

本当に野党ではダメなのか? 野党が掲げる成長のための経済政策

本当に野党ではダメなのか?
著者 及川 健二 編
価格 1,650円(税込)
発売日 2021年9月28日
判型 四六判
製本 並製
頁数 250頁
ISBN 978-4-7505-1718-6
Cコード C0030
電子書籍発売中

オンライン書店で購入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

〈代案があります!〉野党の主張に耳を傾けるインタビュー集

アベノミクスであなたは豊かになりましたか?
なぜ賃金がずっとあがらないままなのでしょうか?
日本はなぜ景気が浮上しないのでしょうか?

――野党の経済政策の達人たちが、その疑問に答えます。


【本書でお話ししてくださった方々】
■立憲民主党………江田憲司氏、落合貴之氏
■日本共産党………大門実紀史氏
■日本維新の会……浅田均氏、藤田文武氏
■国民民主党………大塚耕平氏
■社会民主党………大椿ゆうこ氏
■れいわ新選組……北村イタル氏
■旧NHKから国民を守る党……浜田聡氏
■亀井静香氏


大多数の国民が普通に暮らせる国には、健全な政治が必要です。

消費税を下げ、所得税、法人税等の歪みを直せば、財源は作れます。
そして健全な財政出動をすれば、日本は暮らしやすい国に生まれ変わります。

方法は様々だけれど、緊縮財政が必要、財政健全化は必須の声に惑わされてはいけません。
先が見通せれば、私たちの財布の紐も緩みます。そうすれば必然的に景気は上がっていくのです。


本書は希望の経済学への招待だ――宮台真司さん
これで景気は良くなる! 間違いない――長井秀和さん



【目次】
■まえがき

経済政策担当の江田憲司「立憲民主党」代表代行に聞く
分配なくして成長なし、一億総中流社会の復活を!

大門実紀史「日本共産党」参院国対副委員長に聞く
賃金引き上げと大胆な支出で、日本経済を立て直す!

藤田文武「日本維新の会」国会議員団広報局長に聞く
ベーシックインカムと規制改革・減税で、チャレンジ推奨型の社会を目指す!

参議院国家基本政策委員会委員長の大塚耕平「国民民主党」代表代行に聞く
教育と科学技術に賢く使い、賃金の上がる経済を実現する!

非正規労働者出身、大椿ゆうこ「社会民主党」副党首に聞く
労働者の使い捨てを許さない! 貯め込んだ内部留保を財源に、消費税を三年間ゼロに

元金融マン、北村イタル「れいわ新選組」衆議院東京都第二区総支部長に聞く
ボトムアップ型の財政出動で消費力を取り戻し、国民生活を底支えする!

浜田聡、旧「NHKから国民を守る党」政調会長に聞く
大型減税、NHK・テレビ改革、医療改革が経済を救う

落合貴之「立憲民主党」政調副会長に聞く
日本経済から健全な成長を奪ったアベノミクスをただし、一億総中流を復活させる!

浅田均「日本維新の会」政調会長に聞く
地方分権、小さな行政機構と大きな民間経済をつくり、真の資本主義国家に近づける!

政界を引退した亀井静香、元金融相に聞く
納税者はもっと怒りなさい。消費税一〇パーセントは庶民への重税だ

■今や国是となった積極財政。次なる論点はその金額だ。――池戸万作

■あとがき

著者紹介

及川 健二(おいかわ・けんじ)
1980年生まれ。日仏共同テレビ局France10記者。国営放送などフランス語圏メディアに記事・写真・動画を配信している。フランス共和国の大統領・首相・外相・元老議員・国民議会議員・市長・知事・党首・欧州議会議員と対話・取材してきた。記者歴23年。国境なき記者団、Amnesty International France、フランス人権同盟(LDH)、Act Up-Paris、日本外国特派員協会、フランス・ドキュメンタリー映画監督協(Addoc)、フランス社会党系LGBT団体Homosexualiteset socialisme、在日フランス人協会、日仏政治学会の各々正式会員。著書に『フランスは最高!』『沸騰するフランス』(花伝社)、『ゲイ@パリ』(長崎出版)がある。共著に『「オカマ」は差別か』『常識を越えて』(ポット出版)、『崩壊した「中国システム」とEUシステム』(藤原書店)、『イチゼロ VOL.3』(世界書院)がある。

PAGE TOP