HOME > ヒクソン・グレイシー自伝

ヒクソン・グレイシー自伝

ヒクソン・グレイシー自伝
著者 ヒクソン・グレイシー 著
ピーター・マグワイア 構成
棚橋 志行 訳
価格 2,530円(税込)
発売日 2022年2月23日
判型 四六判
製本 上製
頁数 320頁+口絵8頁
ISBN 978-4-7505-1731-5
Cコード C0075
電子書籍発売中

オンライン書店で購入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

 
頂と底。善と悪。生と死。
彼の波瀾万丈の人生は、「柔術」そのものの物語を見るかのようだ。
――中井祐樹 推薦!

コナー・マクレガー(元UFC2階級同時王者)絶賛!

--------------------------------------

《アルティメット大会に震え、VTJとPRIDEに熱狂し、あの日の「ヒクソン」を畏怖したすべての人に贈る》

父エリオや兄ホリオンとの確執、闘いなき「競技」へのまなざし、離婚と再婚、日本での特別な時間、早世した息子ホクソンへの想い――。

13歳で学校をドロップアウトし、ストリート団に身を投じた若き柔術家は、亡き兄ホーウスに代わり一族最強を継ぐと、バーリトゥードの道を選んだ。
ヨガの呼吸法を体得し、全能のファイターとなった男はリングを降りたが、家族への想いを胸に、いまなお世界中で柔術の発展に寄与しつづけている。



ニューヨークタイムズ、ウォールストリートジャーナル、USAトゥデイでベストセラーとなった話題の書


これから先、数百年後も数千年後も永遠に格闘技史に名前が刻まれる究極のファイターである。
──作家・増田俊也(「解説」より)


--------------------------------------

【目次】

■序文

1……グレイシー一族
2……グレイシー一家に育つ
3……捕食者と獲物
4……不動の心
5……切磋琢磨
6……渡米
7……日出ずる国
8……パラダイムシフト
9……荒廃
10……再生

■エピローグ
■謝辞
■解説──増田俊也(作家)

--------------------------------------

《おすすめ》

シュー・ポリー『ブルース・リー伝』(棚橋志行 訳)
100人を超える関係者への濃密な取材が生んだ結晶──。第一級の史料価値を持つ“ 李小龍”評伝の決定版!
貴重なカラー・モノクロ写真多数収録。

シャノン・リー『友よ、水になれ 父ブルース・リーの哲学』(棚橋志行 訳)
32年の短い生涯を閉じるまで、実父ブルース・リーがその胸に問い、また信じ、全身全霊で実践してきた人生哲学を、実娘シャノン・リーが迫真の筆致で読み解いた話題作!

ジョシュ・グロス『アリ対猪木 アメリカから見た世界格闘史の特異点』(棚橋志行 訳、柳澤健 監訳)
世界最高峰の舞台、UFCを産み落とした「禁断の果実」。
歴史的一戦の裏側に迫る米国発のノンフィクション!!

--------------------------------------

【書評・メディア情報】
PRESIDENT Online(3月7日)/解説の再編集記事掲載
本が好き。(3月24日)/書評(藤代冥砂氏・写真家、作家)
■KAMINOGE(124号)/紹介
■南日本新聞・下野新聞(4月24日)/書評(片岡亮氏・元格闘家、ジャーナリスト)
■週刊東洋経済(4/30-5/7合併特大号)/書評(川添愛氏・作家)
■月刊秘伝(5月号)/書評
■新潟日報(5月1日)/書評(片岡亮氏・元格闘家、ジャーナリスト)
■山陽新聞(5月8日)/書評(片岡亮氏・元格闘家、ジャーナリスト)

著者紹介

ヒクソン・グレイシー(Rickson Gracie)
1958年、ブラジル・リオデジャネイロに生まれる。日本の柔道(柔術)を独自の「グレイシー柔術」に昇華させた父エリオの三男として幼少より薫陶を受ける。6歳で柔術の大会に出場し、若くして黒帯に。道場で指導を行う傍ら柔術やバーリトゥードなどの大会で活躍し、一線を退くまで400戦無敗と謳われた。94年、95年にバーリトゥードジャパン・オープン連覇。97年には「世紀の一戦」と喧伝されたPRIDE.1でプロレスラー髙田延彦を、2000年にはコロシアム2000で船木誠勝を下す。弟ホイス(元UFC 王者)ら一族の柔術家とともに世界の総合格闘技界を代表するアイコンとなり、その勢力図を塗り替えた。著書に『ヒクソン・グレイシー 無敗の法則』(ダイヤモンド社)、『心との戦い方』(新潮社)他。現在、Netflixドラマシリーズ『ナルコス』のジョゼ・パジーリャ監督が、彼と前田光世を主人公としたNetflix 映画『デッド・オア・アライブ』を製作中。

[構成]ピーター・マグワイア(Peter Maguire)
1964生まれ。ジャーナリスト、戦争犯罪調査員として6冊の著者を持つ。コロンビア大学、バード大学、ノースカロライナ大学で戦時国際法、戦争理論の教鞭を執る。ジークンドー黒帯、グレイシー柔術緑帯。ヒクソン・グレイシーとは25年来の弟子であり友人。ヒクソンをはじめグレイシー一族、その門下生から絶大な信頼を得ている。本書を下敷きとしたNetflix 映画『デッド・オア・アライブ』の脚本を担当。

[訳者]棚橋 志行(たなはし・しこう)
1960年三重県生まれ。東京外国語大学英米語学科卒。出版社勤務を経て英米語翻訳家に。キース・リチャーズ『ライフキース・リチャーズ自伝』、ジェフ・パッサン『豪腕 使い捨てされる15億ドルの商品』、ジョシュ・グロス『アリ対猪木 アメリカから見た世界格闘史の特異点』、アンドルー・ホーガン&ダグラス・センチュリー『標的:麻薬王エル・チャポ』、マシュー・ポリー『ブルース・リー伝』、ウィル・ハント『地下世界をめぐる冒険 闇に隠された人類史』、シャノン・リー『友よ、水になれ 父ブルース・リーの哲学』他、訳書多数。

PAGE TOP