HOME > 書籍検索:文化 > 中野ブロードウェイ物語

中野ブロードウェイ物語

中野ブロードウェイ物語
著者 長谷川 晶一
価格 1,870円(税込)
発売日 2022年4月20日
判型 四六判
製本 並製
頁数 288頁
ISBN 978-4-7505-1738-4
Cコード C0095
電子書籍発売中

オンライン書店で購入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

 
《竣工55周年記念出版》


来る者を拒まず、去る者を追わず――
その存在は常に変わりゆく時代とともあった。
1966年から変転を続けるNBW(中野ブロードウェイ)の世界へようこそ



屋上プール付き分譲マンションと「まんだらけ」などのサブカル店舗群が同居した異空間。活況のインバウンドとコロナ禍を経て、“昭和の不沈艦” は今なおアメーバ的進化を続ける。
当地に暮らす著者がその全貌に迫った異色ルポ。


中央線文化圏を先導した巨大建造物の伝説と現在


--------------------------------------

〈本書に登場する中野ブロードウェイのお店とゆかりの人々〉
■古川会長率いる「まんだらけ」
■激安弁当の「シャルマン」
■8段ソフトクリームの「デイリーチコ」
■店内コンサートで賑わう「中野名曲堂」
■高級時計店の老舗「ジャックロード」
■占いの「染心堂」「ばるばら」
■村上隆の「Tonari no Zingaro」

「TRIO」三田隆司、渡辺浩弐、大槻ケンヂ、タブレット純、沖縄電子少女彩、春日武彦、青島美幸、金子義孝……他多数。



--------------------------------------

【目次】
■はじめに――魅せられて

■第一章 個性派店主、それぞれの思い
■第二章 商店街振興組合の名物理事は88歳
■第三章 「魔窟」の生みの親
■第四章 ほどよい野放図の館
■第五章 「まんだらけ」旋風、吹き荒れる
■第六章 「TRIO」の隆盛と撤退
■第七章 マンガ・小説はどう描いたか
■第八章 作家と中野ブロードウェイ
■第九章 時計と占いと世界的モダンアート
■第十章 百周年の幻影

■おわりに――新時代へ

--------------------------------------

【書評・メディア情報】
HONZ(5月14日)/書評(首藤淳哉氏)
■東京新聞(5月14日)・中日新聞(5月15日)/紹介(「酒井順子さんの3冊の本棚」)
■特選小説(7月号)/著者インタビュー
■朝日新聞(5月28日)/書評(稲泉連氏・ノンフィクション作家)
■日本経済新聞(5月28日)/著者インタビュー

著者紹介

長谷川 晶一(はせがわ・しょういち)
1970年5月13日東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、出版社勤務を経てノンフィクションライターに。05年より中野ブロードウェイに在住。『最弱球団 高橋ユニオンズ青春記』(白夜書房)、『私がアイドルだった頃』(草思社)、『ギャルと「僕ら」の20年史 女子高生雑誌Cawaii!の誕生と終焉』(亜紀書房)、『いつも、気づけば神宮に 東京ヤクルトスワローズ「9つの系譜」』(集英社)、『詰むや、詰まざるや 森・西武vs野村・ヤクルトの2年間』(インプレス)、『生と性が交錯する街 新宿二丁目』(角川新書)他、著書多数。

PAGE TOP