HOME > もうすぐ出る本 > つながり過ぎないでいい

つながり過ぎないでいい 非定型発達の生存戦略

つながり過ぎないでいい
著者 尹 雄大
価格 1,760円(税込)
発売日 2022年5月25日
判型 四六判
製本 並製
頁数 216頁
ISBN 978-4-7505-1726-1
Cコード C0095
電子書籍発売中

オンライン書店で購入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

 
《コミュニケーションで悩む人たちへ》

コミュニケーションや感情表現が上手できないと悩んだ著者はやがて、当たり障りなく人とやり取りする技術を身につけていく。

だが、難なく意思疎通ができることは、本当に良いこと、正しいことなのか。
なめらかにしゃべれてしまうことの方が、奇妙なのではないか。


「言語とは何なのか」「自分を言葉で表現するとは、どういうことなのか」の深層に迫る、自身の体験を踏まえた「当事者研究」。


--------------------------------------

自分だけのものであるはずの感情を、多くの人に共通する「言葉で表す」ことなど、どうしてできるのだろうか。
そして、人に「伝える」とはどういうことなのか――。


言葉、存在、コミュニケーションをめぐる思考の旅が始まる。

--------------------------------------

【目次】
■はじめに

■1章 それぞれのタイムラインを生きるしかない——定型発達という呪縛
■2章 胚胎期間という冗長な生き延び方
■3章 社会なしに生きられないが、社会だけでは生きるに値しない
■4章 自律と自立を手にするための学習
■5章 絶望を冗長化させる

■あとがき


--------------------------------------

《おすすめ》尹雄大『さよなら、男社会』

ジェーン・スーさん、推薦!
「個人的な経験を丁寧に解していくと、そこに社会が現れる。読後、自分の話にじっくり耳を傾けてもらえたような充足感を得る人は多いだろう。私もそのひとりだ」

著者自らが、自身の体験を出発点に「いかにして男はマッチョになるのか」「どうすれば男性性を脱ぎ去ることができるのか」を問う。
これまでにない男性をめぐる当事者研究。

--------------------------------------
 

著者紹介

尹 雄大(ゆん・うんで)
1970年神戸市生まれ。インタビュアー&ライター。政財界人やアスリート、アーティストなど約1000人に取材し、その経験と様々な武術を稽古した 体験をもとに身体論を展開している。
主な著書に『さよなら、男社会』(亜紀書房)、『異聞風土記 1975-2017』『親指が行方不明』(以上、晶文社)、『モヤモヤの正体』(ミシマ社)、『脇道にそれる』(春秋社)など。

PAGE TOP