HOME > 忘れられた日本憲法

忘れられた日本憲法 私擬憲法から見る幕末明治

忘れられた日本憲法
著者 畑中 章宏
価格 1,980円(税込)
発売日 2022年6月21日
判型 四六判
製本 並製
頁数 192頁
ISBN 978-4-7505-1743-8
Cコード C0021
電子書籍発売中

オンライン書店で購入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

私擬憲法には、幕末維新を越えてきた民衆の「こころ」と「からだ」に裏打ちされた夢や希望が映し出されている。(中略)
明治の憲法草案を、貴重な民俗文化と捉えて、その意味を考えていきたい。

──本文より

--------------------------------------

明治22年に「大日本帝国憲法」が発布されるまで、日本には国会もなく、憲法もなかった。そして、多くの日本人が自ら憲法を構想した。

戊辰戦争に敗れた米沢藩士、西南戦争に駆り出された者たち、自由民権運動の担い手たち、地方の豪農、商人……彼らは集まり、書を読み、議論し、政府に建白書(嘆願書)として憲法草案を提出している。

それら「私擬憲法」は、死刑廃止、男女ともの参政権、天皇リコール論、著名な「五日市憲法」や、明治天皇のブレーン元田永孚のものまで多種多様だ。

--------------------------------------

《自分たちらしい国づくりを目指して──。》
現実は変わらないものではなく、自ら作り上げるもの。
明治人たちの夢を追う、歴史ノンフィクション。


--------------------------------------

【目次】
■序──民俗文化としての「私擬憲法」
■1……「選挙権は男女に拘らず」と元米沢藩士は主張した
■2……「自由の理」と「自立」を求めた鹿児島からの新聞投書
■3……皇帝リコール権にまでおよんだ東北のラディカルな憲法討議
■4……鉱毒事件に立ち向かった田中正造は独自の憲法案を構想していたか
■5……「教育勅語」起草者の“反動”的な憲法案は受け入れられたのか
■6……越後の縮商人は憲法案に「死刑の廃止」を盛りこんだ
■結──「憲法」を忘れないために

■あとがき

--------------------------------------

著者紹介

畑中 章宏(はたなか・あきひろ)
1962年大阪生まれ。民俗学者。著書に『柳田国男と今和次郎』『『日本残酷物語』を読む』(平凡社新書)、『災害と妖怪』『津波と観音』(亜紀書房)、『ごん狐はなぜ撃ち殺されたのか』『蚕』(晶文社)、『先祖と日本人』(日本評論社)、『天災と日本人』『廃仏毀釈』(ちくま新書)、『21世紀の民俗学』(KADOKAWA)、『死者の民主主義』(トランスビュー)、『五輪と万博』『医療民俗学序説』(春秋社)、『日本疫病図説』(笠間書院)ほかがある。

PAGE TOP