HOME > 書籍検索:きわきわ > ソウル おとなの社会見学

ソウル おとなの社会見学

ソウル おとなの社会見学
著者 大瀬 留美子
価格 1,980円(税込)
発売日 2022年9月23日
判型 四六判
製本 並製
頁数 248頁
ISBN 978-4-7505-1762-9
Cコード C0095

オンライン書店で購入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

《あの路地を、あの場所を、もっと歩きたくなる。》

深掘りすると、そこには思わぬ発見が待ち受けていた!
一度ハマったら抜けられない魅惑の大都市を探索する。

----------------------

K-POP、ファッション、コスメ、美容、グルメ、ミュージカルなどなど、若者から中高年までさまざまな楽しみ方がある韓国の首都。

──しかし、ソウルの魅力はそれだけではない。
さらに足を踏み込めば、まだ見ぬ深い世界が待ち受けている。


知られざる地下世界や絶景の屋上スポット、まちなかに点在する磨崖仏や銅像の秘密、渋い喫茶店や活気あふれる外国人タウン……。

韓国と出会って25年、ソウルを愛し、路地を隅々まで知り尽くした“まち歩きの達人”が案内する、教科書や旅行ガイドでは教えてくれない、一歩先行くソウルの旅。

----------------------

【本書で取り上げたまちなかスポット】
レトロな喫茶店 / 渋いビルディング / 謎の地下空間 / まちの高低差 / 日本の年号 / 城壁と石垣 / 外国人タウン / オリンピックの遺産 / 朝鮮戦争の傷跡 / 磨崖仏 / 暗渠 / 屋上 / 銅像……etc.

----------------------

【目次】
■はじめに

■1………渋い喫茶店
■2………渋いビルを愛でる
■3………秘密の施設
■4………市内で出会う磨崖仏
■5………暗渠にときめく 
■6………市内に残る朝鮮戦争の傷跡
■7………おとなのまち歩きポイント
■8………屋上で会いましょう
■9………こんなところにこんなものが
■10……銅像が教えてくれる歴史
■11……オリンピックを感じるまち歩き
■12……残された日本の年号
■13……意外な凹凸を体感する
■14……漢陽都城の痕跡と石垣を巡る
■15……住宅をいろいろ楽しむ
■16……ソウルの外国人タウン

■おわりに

----------------------

著者紹介

大瀬 留美子(おおせ・るみこ)
神奈川県横浜市生まれ。ブログ「韓国の近現代文化遺産(旧韓国古建築散歩)」主宰。ソウルで日本人向け韓国観光情報サイト等の取材、日本の女性誌のインタビュー記事などを担当。ライターをしながら、雑誌やブログを通じて“韓国の古いもの、せつないもの、そして笑い”をテーマに独自の視点で韓国文化を発信。『京城のアパート』(チッ図書出版)、『トラコリ韓国旅行大邱&慶尚北道』(トラコリ編集部)などに寄稿するほか、『中くらいの友だち 韓くに手帖』(皓星社)でエッセイを連載中。韓国語への訳書に『世界をたべよう! 旅ごはん』(杉浦さやか著、ペーパーストーリー、共訳)がある。

PAGE TOP