HOME > もうすぐ出る本 > シュタイナー教育入門

叡知の書棚 01 シュタイナー教育入門 現代日本の教育への提言

シュタイナー教育入門
著者 高橋 巖/著
若松 英輔/監修・解説
価格 2,640円(税込)
発売日 2022年9月28日
判型 四六判
製本 上製
頁数 312頁
ISBN 978-4-7505-1757-5
Cコード C0010

オンライン書店で購入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

日本精神史の埋もれた鉱脈を掘り起こす新シリーズ〈叡知の書棚〉刊行スタート!

----------------------

《自己の存在の秘密を学ぼうとする人へ 》

古代ギリシア以来のヨーロッパの教育観・人間観に照らし、教育とは何かを考える。
その先に展望される、あるべき理想の教育とは──。

----------------------

独創的な教育家にして、医学、農業、経済学、芸術学、建築学、文学、哲学、宗教に至る広大な領野を探究した大思想家ルドルフ・シュタイナー(1861〜1925)。

シュタイナー研究の第一人者が、その教育思想の可能性を深く掘り下げる決定的な名著、待望の復刊。

----------------------

普通、人は霊的という言葉にあまりなじんでいませんから、この言葉だけで既に何か違和感を感じて、「霊的因果律」という考え方にはとてもついていけない、と思うでしょう。けれども霊的という、いわば学問的には聞き慣れない言葉を意識的に使うことがシュタイナーの思想を理解するのに必要なことなのです。(本文より)

----------------------

著者紹介

高橋 巖(たかはし・いわお)
東京・代々木生まれ。ミュンヘンでドイツ・ロマン派美学を学ぶなか、ルドルフ・シュタイナーの思想と出会う。1973年まで慶應義塾大学文学部で美学と西洋美術史を担当。その後シュタイナーとその思想である人智学の研究、翻訳を行う。
著書に『ヨーロッパの闇と光』(新潮社)、『シュタイナー 哲学入門』(岩波現代文庫)、『シュタイナーの人生論』(春秋社)、訳書にシュタイナー『神智学』(ちくま学芸文庫)、 シュタイナー『ニーチェ──みずからの時代と闘う者』(岩波文庫)その他多数。

PAGE TOP