HOME > 書籍検索:本間 龍 > だれがタブーをつくるのか

だれがタブーをつくるのか 原発広告・報道を通して日本人の良心を問う

だれがタブーをつくるのか
著者 本間 龍/鈴木 邦男
価格 1,500円(税別)
発売日 2013年2月18日
判型 四六判
製本 並製
頁数 198頁
ISBN 978-4-7505-1302-7
Cコード C0095

オンライン書店で購入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

かたや元右翼団体代表にして孤高の論客、
かたや元博報堂社員にしてタブーへの挑戦者。
原発・広告・マスメディアを俎上にのせて語りこんだ、
「表現」の自由と責任、
「言論」の自由と覚悟。

第一章 『電通と原発報道』、後日談
第二章 広告代理店の良心を問う
第三章 良心より愛社精神なのか
第四章 伝えないメディア、言論を封殺するネット
第五章 群れるから弱くなる

PAGE TOP