HOME > 書籍検索:エッセイ > きわきわ

きわきわ 「痛み」をめぐる物語

きわきわ
著者 藤本 由香里
価格 1,650円(税込)
発売日 2013年6月25日
判型 四六判
製本 並製
頁数 240頁
ISBN 978-4-7505-1311-9
Cコード C0095

オンライン書店で購入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

【内容紹介】
いまや少女まんが評論の古典となった『私の居場所はどこ
にあるの?―少女まんがが映す心のかたち』から15年。藤
本由香里が帰ってきた。本書では、まんが、映画、小説、舞台
などを題材にしながら、二〇〇〇年代の日本を照射する。

リストカットの痛みから辛うじて感じる自分の実在、同じよう
に体をモディフィケーションさせることによって確かめる私
らしさ、ヒーラーとしかいいようがないセックスワーカーの
在り方。美容整形、ドラァグ・クイーン、浮浪者とひきこもり
……社会の際や行為の極限から見えてくる、この社会のか
たち。

「私の居場所はどこにあるの?」少女たちから放たれ
た問いが、いまや社会全体を覆う。どうやって自分を世界に繋ぎとめたらいいのか。

【目次】
はじめに
表面の傷・「痛み」の力│コミックの中の自傷  
徴のある顔 
他者になりかわりたい 
婚外の恋 
社長になるか、社長夫人になるか。 
風俗という「お仕事」 
セックスワーカーはヒーラーである 
せまいせまい私の場所 
一瞬だけの永遠
あとがき 

【本書に登場する作品】
『へルタースケルター』/『ライフ』『ホムンクルス』/『主に泣いてます』/ハスラー・アキラ『売男日記』/『大奥』ほか

PAGE TOP