HOME > 反骨の公務員、町をみがく

反骨の公務員、町をみがく 内子町・岡田文淑の 町並み、村並み保存

反骨の公務員、町をみがく
著者 森まゆみ
価格 1,800円(税別)
発売日 2014年5月9日
判型 四六判
製本 並製
頁数 230頁
ISBN 978-4-7505-1407-9
Cコード C0036

オンライン書店で購入

アマゾン / 楽天ブックス / honto / セブンネットショッピング / 紀伊國屋Web Store / e-hon / HMV / TSUTAYA / Honya Club.com / Yahoo!ショッピング / ヨドバシ.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

地域社会を立て直す。

森まゆみさんは「谷根千」を通して、日本中の町並み保存、まちづくりを見てきた。その中で出会った人のなかで、地方にあってすばらしい仕事を残してきたと信奉しているのが岡田文淑さん。
岡田さんは愛媛県内子町の役場職員として、誰にも顧みられなかった内子の町並みを観光資源としてとらえ、国の伝統的建築物群保存地区に選定させた。内子町は現在も多くの観光客を呼び込んでいる。

都会の金をあてにしない、自立への試み――。

岡田さんの生涯の仕事は、そのまま高度成長以降の日本の地方都市の在り方に重なる。岡田さんの人生を追いながら、日本の町並み保存、まちづくりの50年を追う。

「工場の誘致」「国からの補助金」、それ以外に地域社会の自立の道はほんとうにないのか?
「公務員」の真の仕事とは?

PAGE TOP