HOME > 書籍検索:韓国家族 > 韓国家族

韓国家族 グローバル化と「伝統文化」のせめぎあいの中で

韓国家族
著者 平田 由紀江/小島 優生 編
価格 2,000円(税別)
発売日 2014年5月30日
判型 四六判
製本 並製
頁数 278頁
ISBN 978-4-7505-1409-3
Cコード C0036

オンライン書店で購入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

日本より激化している韓国の格差社会に学ぶ

韓国は1980年代以降、急激に近代化が進み、経済は劇的に発展した。豊かな社会は実現されたが、グローバル化の波を受け、格差社会が進行し、少子化、高齢化も進んで、社会の軋みは激しくなる一方だ。この急激な社会の変化を、「家族」という枠組みを通して考えるのが本書である。

超学歴社会を勝ちぬくための早期留学、子どもの教育のすべてを一身に背負わされる母親の役割、老親を誰がみるのか、少子化対策として結婚移民、在日の人びとの家族問題……。
グローバル経済とローカル文化のはざまで揺れる韓国の「家族」の姿を描き出し、日本の読者に韓国社会を紹介していく。私たちはともに鏡の向こうとこちら側にいる。

PAGE TOP