HOME > 書籍検索:亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ > 不正選挙

亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ Ⅰ-14 不正選挙 電子投票とマネー合戦がアメリカを破壊する

不正選挙
著者 マーク・クリスピン・ミラー 編著
大竹 秀子/桜井 まり子/関 房江 訳
価格 2,400円(税別)
発売日 2014年7月14日
判型 四六判
製本 並製
頁数 344頁
ISBN 978-4-7505-1411-6
Cコード C0030

オンライン書店で購入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

2000年、アメリカ大統領選の混乱ぶりが世界的に報道された。
たった一つの州(フロリダ)の数百票差でブッシュが勝ち、ゴアが負けたのだ。
裏では何が起こっていたのか?問題は解決されたのか?

ハッキングし放題の票集計マシンを使い続ける州務長官、
党利党略の選挙区再編成、投票権を制限する法の乱立。
迅速、低コスト、投票率向上も期待される電子投票に潜む闇とは?

世界一の民主主義国家・アメリカで現在も繰り広げられる、
とんでもない選挙の実態を綿密に検証した衝撃のリポート集。


「本書の告発を荒唐無稽な『陰謀論』と一笑にふすことは危険だ。
本格的な検証が必要ではないだろうか。」想田和弘(映画作家)

PAGE TOP