HOME > 最新刊順書籍一覧 > さよなら、仏教

さよなら、仏教 タテマエの僧衣(ころも)を脱ぎ去って

さよなら、仏教
著者 高橋卓志
価格 1,600円(税別)
発売日 2018年12月12日
判型 四六判
製本 並製
頁数 280頁
ISBN 978-4-7505-1570-0
Cコード C0095

オンライン書店で購入

アマゾン / 楽天ブックス / honto / セブンネットショッピング / 紀伊國屋Web Store / ブックサービス / e-hon / HMV / TSUTAYA / Honya Club.com / Yahoo!ショッピング / ヨドバシ.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

古い仏教の常識を脱ぎ捨てて、新しい仏教の地平を求める再誕の旅へ。
お寺の情報公開=透明化、生老病死を支えるケアの実践、終末期の看取りから「その人だけ」のお葬式のコーディネイトまで……誰も知らないやり方がここにある。

しがらみの捨て方、命の終わり方、支援の仕方、人の役に立つ生き方、自由の守り方……生きるヒントがユニーク。
誰もやったことのないやり方と考え方がいっぱい。オドロキ。
さよなら古い仏教、さよなら古い日本、さよなら古い自分。不思議な本だ。
鎌田 實(医師・作家)

「説く」のではなく「求める」お坊さん。
何を求めているのか、全部はわからなくても、まっすぐ「求める」その背中は、まわりのみなが信じている。
鷲田清一(哲学者)

【目次】
序章 本当の事を云おうか
第1章 死んだ人間で食っている
 コラム1 坊主丸儲け
第2章 死のクロスロード
 コラム2 寄り添い? 支え?
第3章 ひとりの人間に戻れる場所
 コラム3 Wanna Live (ワナ・ライブ=生きたい)
第4章 死に手をかすということ
 コラム4 お布施
第5章 ぼくはこんな葬儀をやってきた
 コラム5 葬儀屋さんが、泣いた日
終章 風にそよぐ木々の葉音で
 あとがきにかえて 再誕の旅へ

著者紹介

高橋卓志(たかはし・たくし)
1948年、長野県に生まれる。龍谷大学文学部卒。1990年、神宮寺住職。2018年、神宮寺退職。NPO法人ライフデザインセンター理事、龍谷大学客員教授。1991年から1997年の6年間で36回チェルノブイリに通い、医療支援活動を行うなど、「四苦(生・老・病・死)のケア」を実践している。著書に『チェルノブイリの子どもたち』(岩波ブックレット)、『寺よ、変われ』(岩波新書)、鎌田實医師との共著『生き方のコツ 死に方の選択』(集英社文庫)など多数。

PAGE TOP