HOME > 人喰い

亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズⅢ-8 人喰い ロックフェラー失踪事件

人喰い
著者 カール・ホフマン 著
奥野 克巳 監修・解説
古屋 美登里 訳
価格 2,500円(税別)
発売日 2019年3月20日
判型 四六判
製本 上製
頁数 436頁
ISBN 978-4-7505-1573-1
Cコード C0010

オンライン書店で購入

アマゾン / 楽天ブックス / honto / セブンネットショッピング / 紀伊國屋Web Store / e-hon / HMV / TSUTAYA / Honya Club.com / Yahoo!ショッピング / ヨドバシ.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

全米を揺るがした未解決事件の真相に迫り
人類最大のタブーに挑む衝撃のノンフィクション!


1961年、大財閥の御曹司が消息を絶った。
首狩り族の棲む熱帯の地で。

この時点で、マイケルが「いかに」殺され、食べられたのかは、一連の調査や文献からすでにはっきりしていたのである。
著者ホフマンにとってどうしても解せなかったのは、「なぜ」マイケルが殺され、食べられなければならなかったのかということだった。(解説より)

解説:奥野克巳(文化人類学者)

【書評・メディア情報】
翻訳ミステリー大賞シンジケート(5月8日)/紹介
山梨日日新聞(5月12日)/書評(高野秀行氏・ノンフィクション作家)
愛媛新聞(5月12日)/書評(高野秀行氏・ノンフィクション作家)
高知新聞(5月12日)/書評(高野秀行氏・ノンフィクション作家)
河北新報(5月12日)/書評(高野秀行氏・ノンフィクション作家)
埼玉新聞(5月12日)/書評(高野秀行氏・ノンフィクション作家)
週刊東洋経済(5月18日号)/書評(内藤順氏・HONZ編集長)
朝日新聞(6月1日)/書評(長谷川眞理子氏・総合研究大学院大学学長、人類学)
サンデー毎日(6月2日)/書評(木村衣有子氏)
岩手日報(6月9日)/書評(高野秀行氏・ノンフィクション作家)
北海道新聞(6月9日)/書評(永江朗氏・ライター)
pen(7月15日号)/書評(大石高典氏・文化人類学者)
婦人公論(7月23日号)/書評(豊﨑由美氏)
週刊読書人(7月19日)/書評(高瀬毅氏・ノンフィクション作家)
週刊読書人(7月26日)/2019年上半期の収穫から(小川さやか氏・立命館大学先端総合学術研究科准教授、文化人類学、アフリカ研究)

著者紹介

カール・ホフマン(Carl Hoffman)
1960年生まれ。アメリカのジャーナリスト。「ナショナル・ジオグラフィック・トラベラー」の編集者。「アウトサイド」「スミソニアン」「ナショナル・ジオグラフィック・アドヴェンチャー」「ウォールストリート・ジャーナル」などの詩誌の仕事で75ヶ国以上の国を旅し、多くの旅行記を寄稿している。著書に、2001年「Hunting Warbirds:The Obsessive Quest for the Lost Airplanes of World War Ⅱ」(邦訳『幻の大戦機を探せ』)、2010年「The Lunatic Express:Discovering the World Via Its Most Dangerous Buses,Boats,Trains and Planes」(『脱線特急 最悪の乗り物で行く、159日間世界一周』)、2014年「Savage Harvest:A Tale of Cannibals,Colonialism and Michael Rockefeller's Tragic Quest for Primitive Art」(本書)、2018年「The Last Wild Men of Borneo:A True Story of Death and Treasure」。生まれも育ちもワシントンDCで、三児の父親である。

PAGE TOP