HOME > 日米同盟のコスト

日米同盟のコスト  自主防衛と自律の追求

日米同盟のコスト
著者 武田 康裕
価格 2,500円(税別)
発売日 2019年5月23日
判型 A5判
製本 並製
頁数 256頁
ISBN 978-4-7505-1539-7
Cコード C0031

オンライン書店で購入

アマゾン / 楽天ブックス / honto / セブンネットショッピング / 紀伊國屋Web Store / e-hon / HMV / TSUTAYA / Honya Club.com / Yahoo!ショッピング / ヨドバシ.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

米軍の抑止力の一部を
「自己負担」すると
いくらかかるのか?


米国の一極支配はすでに過去のものになりつつあり、
おのずと日本の安全保障への取り組み方も違ってこざるを得ない。
弾道ミサイル防衛、シーレーン防衛、在沖縄米軍基地の日米共同使用を含む島嶼防衛のコストはどうなる――

<同盟>と<自主・自律>の問題を数字の観点から考える一冊!!

本書の目的は、同盟のコスト分析を手掛かりに、安全、自主、自立からなる連立方程式を解くことにある。(「序論」より)

【構成】
序論
第1章 同盟のコストとリスク
第2章 トランプ政権の登場と日米同盟の行方
第3章 日本を取り巻く戦略環境
第4章 日米同盟の費用対効果
第5章 弾道ミサイル防衛
第6章 シーレーン防衛
第7章 島嶼防衛と在沖縄海兵隊の代替
結論
あとがき

著者紹介

武田康裕 Yasuhiro Takeda
北海道大学法学部を卒業。東京大学で博士号(学術)を取得。防衛大学校国際関係学科兼総合安全保障研究科教授。専門は国際関係論、比較政治、アジア安全保障。主著:『新訂第5 版 安全保障学入門』(共編著、亜紀書房、2018 年)、『エドワード・ルトワックの戦略論―戦争と平和の論理』(共訳、毎日新聞社、2014 年) 、『コストを試算! 日米同盟解体』(共著、毎日新聞社、2012 年)『民主化の比較政治―東アジア諸国の体制変動過程』(ミネルヴァ書房、2001年/大平正芳記念賞)など。

PAGE TOP