HOME > 夢ひらく彼方へ 〈上〉

夢ひらく彼方へ 〈上〉 ファンタジーの周辺

夢ひらく彼方へ 〈上〉
著者 渡辺 京二
価格 1,700円(税別)
発売日 2019年8月22日
判型 四六判
製本 並製
頁数 258頁
ISBN 978-4-7505-1609-7
Cコード C0095

オンライン書店で購入

アマゾン / 楽天ブックス / honto / セブンネットショッピング / 紀伊國屋Web Store / e-hon / HMV / TSUTAYA / Honya Club.com / Yahoo!ショッピング / ヨドバシ.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

別の世(アナザワールド)への絶えざる郷愁と渇望。
現実からの逃避か、神に代わっての世界の創造か――不朽の名作『ナルニア国物語』『指輪物語』『ゲド戦記』を渡辺京二が読み解く。

「ファンタジーは強烈な現実嫌悪の所産であることは間違いありません。人間という社会的動物であることにおける欠損感から、アナザワールドへの郷愁が生れて来るのは確かなことです。だからアナザワールドへの絶えざる郷愁の表現というべきファンタジーは、この人の世にひとり立ち向う個=孤にとって、勇気の源泉でもありうるのです。」(本文より)

【目次】
第一講 読書について
第二講 『ナルニア国物語』の構造
第三講 C・S・ルイスの生涯
第四講 トールキンの生涯
第五講 中つ国の歴史と『指輪物語』
第六講 『ゲド戦記』を読む
第七講 マクドナルドとダンセイニ

著者紹介

渡辺京二(わたなべ・きょうじ)
1930年京都生まれ。大連一中、旧制第五高等学校文科を経て、法政大学社会学部卒業。評論家。河合文化教育研究所主任研究員。熊本市在住。 著書に『北一輝』(ちくま学芸文庫、毎日出版文化賞受賞)、『逝きし世の面影』(平凡社ライブラリー、和辻哲郎文化賞受賞)、『黒船前夜』(洋泉社、大佛次郎賞受賞)、『死民と日常』『もうひとつのこの世』『預言の哀しみ』(弦書房)、『父母の記』『日本詩歌思出草』(平凡社)、『バテレンの世紀』(新潮社、読売文学賞受賞)、『さらば、政治よ』『原発とジャングル』(晶文社)、『女子学生、渡辺京二に会いに行く』(亜紀書房)など多数がある。

PAGE TOP