HOME > 書籍検索:Mio > 夫のHがイヤだった。

夫のHがイヤだった。

夫のHがイヤだった。
著者 Mio
価格 1,300円(税別)
発売日 2019年9月27日
判型 四六判
製本 並製
頁数 224頁
ISBN 978-4-7505-1613-4
Cコード C0095

オンライン書店で購入

アマゾン / 楽天ブックス / honto / セブンネットショッピング / 紀伊國屋Web Store / e-hon / HMV / TSUTAYA / Honya Club.com / Yahoo!ショッピング / ヨドバシ.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

レスになるには理由(わけ)がある!

アメブロ・メンタルヘルス部門 1位
(2018/2/17―3/8)
人気ブログ、待望の書籍化!

ベストセラー『女医が教える本当に気持ちのいいセックス』著者の宋美玄さん(産婦人科医)による解説コラムを各章末に収録。
巻末には、女性向けAVの人気男優、一徹さんとの対談アリ。

「好き」なだけじゃ、ダメなことがある――
“痛み”や“自虐”をのりこえて性を悦び、
また、愉しめる人生をつかむために。


結婚当初から夫とのセックスが苦痛で悩んでいた「私」が、ブログに書き綴った実話をもとに再構成した実録エッセイ。
大学時代からの付き合いで結婚した彼のことは、心から愛していた。
だからこそ、セックスだけがうまくいかない現実を、どう受け止めていいのかわからなかった ……。
その後、長い間、夫の性的な要求に応えられない自分を責め、うつ病や摂食障害を患った「私」を回復に導いたのも、やはりセックス。
人を深く傷つけることもあれば、絶望の淵から救うこともできるのが性愛の力――
多くの悩める女性たちにとって他人事ではない、一人の女性が選択した人生の進路とは。

「セックスさえできれば夫は、今夜も明日も機嫌がいい。
私のことも大事にしてくれる。
ほんの少しの我慢なのに、どうしてもそれができない。
なぜなら、私は夫のセックスがイヤだから。
夫のことを愛しているのに、彼の行為を受け入れられない。
私がおかしいのはわかっているけど、どうしていいかわからない。
セックスができないこの人と、私はこれからも一緒に生きていきたい。
そんな矛盾をはらんだ結婚生活を十五年間もつづけた。」
(プロローグより)

【書評・メディア情報】
日刊ゲンダイ(10月9日)/紹介
好書好日(11月10日)/対談

著者紹介

Mio 
大阪府生まれ。大学で知り合った同級生の男性と22歳で結婚。夫との夫婦生活が苦痛で、自分はセックスができない身体なのではないかと悩み、摂食障害とうつ病に。その後セックスレスを理由に夫から離婚調停を申し立てられ、別居を経て離婚。2017年の冬からアメブロに当時を振り返る手記を連載し、大きな話題を集める。

PAGE TOP