HOME > 誰にでも親切な教会のお兄さんカン・ミノ

となりの国のものがたり4 誰にでも親切な教会のお兄さんカン・ミノ

誰にでも親切な教会のお兄さんカン・ミノ
著者 イ・ギホ 著
斎藤 真理子 訳
価格 1,700円(税別)
発売日 2020年1月24日
判型 四六判
製本 並製
頁数 320頁
ISBN 978-4-7505-1628-8
Cコード C0097

オンライン書店で購入

アマゾン / 楽天ブックス / honto / セブンネットショッピング / 紀伊國屋Web Store / e-hon / HMV / TSUTAYA / Honya Club.com / Yahoo!ショッピング / ヨドバシ.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

必死で 情けなくて まぬけな 愛すべき「私たち」


ネット古書店でエゴサをしていたら、サイン入り自作が売りに出されていることに気づいた作家「イ・ギホ」。しかも他の作家の本より格安、酷評のコメント付き
だった。
悶々として眠れぬ作家は、出品者に直接会おうとはるばるでかけるのだが……。(「チェ・ミジンはどこへ」)


夫殺害の嫌疑をかけられながら逮捕されなかった女が、十数年後、時効を3か月後に控えて自首した。一体なぜなのか。(「ずっと前に、キム・スッキは」)



「あるべき正しい姿」と「現実の自分」のはざまで揺れながら生きる「ふつうの人々」を、ユーモアと限りない愛情とともに描き出す。
  ——韓国文学の旗手による傑作短編集




【もくじ】
チェ・ミジンはどこへ
ナ・ジョンマン氏のちょっぴり下に曲がったブーム
クォン・スンチャンと善良な人々
私を嫌悪することになるパク・チャンスへ
ずっと前にキム・スッキは
誰にでも親切な教会のお兄さんカン・ミノ
ハン・ジョンヒと僕
あとがき

訳者解説

著者紹介

イ・ギホ(李起昊)
1972年生まれ。光州大学文芸創作科教授。
1999年短編「バニー」でデビュー。2010 年に李孝石文学賞、2013年に金承鈺文学賞、2014年に韓国日報文学賞、2017年に黄順元文学賞を受賞。
日本語訳としては、『原州通信』(クオン)に続く2冊目となる。最新作に『モギャン面放火事件顚末記—ヨブ記43 章』がある。

PAGE TOP