HOME > もうすぐ出る本 > ホンモノの偽物

亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズⅢ-15 ホンモノの偽物 模造と真作をめぐる8つの奇妙な物語

ホンモノの偽物
著者 リディア・パイン 著
菅野 楽章 訳
価格 2,200円(税別)
発売日 2020年10月22日
判型 四六判
製本 並製
頁数 336頁+口絵8頁
ISBN 978-4-7505-1671-4
Cコード C0095

オンライン書店で購入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

 
本当のことはいつだって、偽物が教えてくれる!?
 
ウォーホルなしでつくられたウォーホル作品は本物か?
高クオリティーすぎて、それ自体で価値のついた“オリジナル贋作絵画”とは?
バナナ味とバナナの違いが明らかにする味覚の真実とは?
いんちき化石を信じた18世紀の博物学者の顛末とは?
天然ダイヤモンドと人工ダイヤモンドはどちらが道徳的か?
ネイチャー・ドキュメンタリーは本当に“自然”なのか? and more…!
 
真贋のグレーゾーンを行き来する事物を通して浮かび上がる、歴史と文化の実相に迫ったノンフィクション!

著者紹介

リディア・パイン(Lydia Pyne)
1979年生まれ。著述家・歴史家。アリゾナ州立大学で歴史学と人類学の学位、科学史・科学哲学の博士号を取得。科学と物質文化の歴史に関心を抱き、現在テキサス大学オースティン校・歴史学研究所で客員研究員をつとめる。これまで調査活動を行ってきた地域は、南アフリカ、エチオピア、ウズベキスタン、イラン、アメリカ合衆国南西部。著書に『7つの人類化石の物語 古人類界のスターが生まれるまで』(白揚社)などがある。

菅野 楽章(かんの・ともあき)
1988年東京生まれ。早稲田大学文化構想学部卒業。訳書にブレット・イーストン・エリス『帝国のベッドルーム』(河出書房新社)、ダミアン・ラッド『世界でいちばん虚無な場所 旅行に幻滅した人のためのガイドブック』(柏書房)、『1924 ヒトラーが“ヒトラー”になった年』『ミズーラ 名門大学を揺るがしたレイプ事件と司法制度』(共に亜紀書房)などがある。

PAGE TOP