HOME > 70歳、これからは湯豆腐

70歳、これからは湯豆腐 私の方丈記

70歳、これからは湯豆腐
著者 太田 和彦
価格 1,430円(税込)
発売日 2020年12月8日
判型 四六判変型
製本 並製
頁数 208頁+口絵4頁
ISBN 978-4-7505-1675-2
Cコード C0095
電子書籍発売中

オンライン書店で購入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容紹介

 
つましく、図太く生きてゆこう。

外に出て四季をめでる。本屋と酒場をはしごする。
——自分だけの場所を探して。


高望みどころか望みなし。
もうひとりでいい。
夜一杯飲めればじゅうぶん。
これは楽だ。(本文より)
——居酒屋作家のうたかたエッセイ。豊かな「ひとり時間」の過ごし方。



【目次】
■ まえがき
■ これまで、これから
■ いつもいつもの心がけ
■ 酒とのつきあい
■ 旅のあとさき
■ 趣味と暮らす
■ 誰かのために
■ あとがき——私の方丈記


【書評・メディア情報】
オレンジページ(2月17日号)/紹介
BS11「新・居酒屋百選」(2月3日)/紹介
東京新聞(2月13日)/書評(橋本克彦氏・ノンフィクション作家)
中日新聞(2月14日)/書評(橋本克彦氏・ノンフィクション作家)
「SUMISEI BEST BOOK」(5月号)/紹介

著者紹介

太田 和彦(おおた・かずひこ)
1946年中国・北京に生まれ、幼少より長野県松本市で過ごす。デザイナー、作家。東京教育大学(現筑波大学)教育学部芸術学科卒業。資生堂宣伝部制作室のアートディレクターを経て独立。2001~08年、東北芸術工科大学教授。本業のかたわら日本各地の居酒屋を訪ね、多数著作を上梓。
主な著書に『居酒屋百名山』『ニッポン居酒屋放浪記』『ひとり飲む、京都』『太田和彦の居酒屋味酒覧〈決定版〉精選204』『太田和彦の今夜は家呑み』『町を歩いて、縄のれん』『風に吹かれて、旅の酒』『酒と人生の一人作法』などがある。
「太田和彦のふらり旅 新・居酒屋百選」(BS11)出演中。

PAGE TOP