犬(きみ)がいるから 村井理子

2020.10.30

66引っ張り力

 

 先日、兵庫県福崎町の七種山で、行方不明者の捜索にあたっていた警察犬のクレバ号(ジャーマン・シェパード)が、突然走り出して姿を消したというニュースが大きく報道された。リードを握っていた鑑識課員を強く引っぱり、あまりにも強く引っぱられたために、思わずリードを放してしまったというのだ。大型犬を飼っている方であれば、ひぃぃと悲鳴をあげて驚き、そしてとても心配しただろう。私もそうだった。どこかに行ってしまったクレバ号が心配で、その日の夜はなかなか眠ることができなかった。どこに行ってしまったのだろう、何を追っていたのだろう。山のなかで怖くないのかな。訓練を重ねたエリートである警察犬でも、その訓練を支えたであろう鑑識課員であっても、このようなアクシデントは起きるのである。いわんや一般の飼い主においてをや。
 幸いなことに、クレバ号は翌日無事発見された。鑑識課員が与えた魚肉ソーセージとパンを食べたという。魚肉ソーセージが泣ける。ものすごく泣ける。兵庫県警に魚肉ソーセージを箱で送りたい気持ちだ。兵庫県警には今頃、全国から送られて来たクレバ宛て応援メッセージが届いていることだろう。報道で「今後の活動については検討中」とあって、心が痛んだ。ただひとこと、クレバよ、よく無事で戻ったと言ってあげたい。
 しかし私にはもうひとつ、心配なことがある。リードを手放してしまった鑑識課員のことだ。大変な責任を感じられただろうと想像している。今まで一緒に訓練を重ねてきた相棒が失踪し、どれだけ心配だっただろう。リードを放さなければこんなことにはならなかった……と、後悔の念を抱いておられたに違いない。そして私は、こうも考えるのだ。「引っぱられた肩、大丈夫でしたか?」と。
 実は数か月前から、私は強い右肩の痛みに悩まされてきた。ある日突然、右肩の関節がズキズキと痛み出し、自由に動かなくなったのだ。その日以来、肩の関節の可動枠は極端に狭くなり、まるでロボットのような動きしかできなくなった。仕事には支障はないのだが、仕事以外の活動にはほとんどすべて支障が出た。大好きな草刈りも無理。寝ても痛いし、動かさなくても痛い。シップを貼っても痛いし、とにかく、普通の痛みではない。結局、強い鎮痛剤を飲まないと眠ることができなくなり、観念して整形外科に行ったのは先日のことだ。
 撮影したレントゲンを見た医師は、「これを見る限り大丈夫だとは思うんですが、それだけ長期間、それも強い痛みが続いているとなると、腱板断裂の疑いがありますね。腕の骨と肩甲骨を繋いでいる腱がね、プチンと切れているかもしれないです」と言った。
 ひええええ! やっぱりそうか、五十肩にしては痛いと思った! と合点がいっている私に医師は、「実は僕も断裂しちゃって、手術したんですよ。とにかくすごい痛みで、鎮痛剤を飲まなくちゃ眠れませんでしたね……それで、何か覚えはありますか? どこかにぶつけたとか、強く引っぱられたとか」と聞いた。 

 強く、引っぱられた、とか……?

  「あのう、わが家には大型犬がいるんですけど……」と私が言うと、医師の後ろに立っていた看護師さんが、「あぁ~」と言った。医師は私の話をふんふんと聞き、「ワンちゃんですか~。それは散歩の時に? はぁ、なるほどねえ~……45キロの黒ラブ……」とつぶやきながら、カルテに書き込んでいた。
 正直なところ、ハリーに強く引っぱられるのはよくあることで、あのときだ! とか、あの日のあの場所だ! というのは、まったく記憶にない。しかし、覚えがあるかと問われれば、正直、ハリーの馬鹿力しか思い浮かばないのだ。
 医師は、「とりあえず今日はお薬を出します。痛みが続くようなら、MRIを撮りましょう。お大事にしてくださいね」と言い、カルテになにやら書き込んで、にっこり笑った。理由が大型犬かもしれないと知った瞬間から、医師はなんだか楽しそうだった。もしかして彼も大型犬を飼っているのだろうか。看護師さんも、ハリーが45キロと伝えると、マスクの下でかなり笑っていた。私も、ハリーだったらいいかと思いはじめていた。ハリーだったら仕方がないじゃん、もういいじゃんと思いつつ家に戻り、静かに留守番していたハリーにクッキーを与え、シップを貼って、「断裂していませんように」と心のなかで祈った。ハリーに、「引っぱったっけ?」と聞いてみたら、無表情で私の顔をじっと見ていた。
 結局、肩の痛みは徐々によくなり、このままだったら日常生活に支障はないというところまで快復した。やはり、我慢はせずに病院は行っておくべきだと改めて思ったし、とりあえずハリーはかわいいから、肩が痛いぐらいどうでもいいやと思う私である。

  でも、MRIは一応撮影しておくべきかな……。

 

【『犬ニモマケズ』好評発売中です!】


あき地連載「犬がいるから season2」が『犬ニモマケズ』と題して単行本になりました!
連載に加え、撮り下ろし写真と書き下ろし特別コンテンツ、青山ゆみこさんとの対談も収録した、楽しい一冊に仕上がっています。
全国の書店、各ネット書店でお買いもとめいただけます。

 アマゾン 『犬ニモマケズ
 楽天ブックス 犬ニモマケズ
 honto 『犬ニモマケズ

うっかり食べ過ぎて近江牛みたいに太った「イケワン」ハリー。
丸くなって眠るさまは、まさに恵方巻。
愛されバディを取り戻すその日まで、理子さんは今日も奮闘!

【『あんぱん ジャムパン  クリームパン』発売中!】


この4月から「あき地」にて連載された、村井理子さん、青山ゆみこさん、牟田都子さんの「あんぱん ジャムパン  クリームパン」が単行本として刊行されました!
連載に加え、撮り下ろし写真と書き下ろし特別コンテンツも大盛りの楽しい一冊になっています。

 

村井理子さんは「考える人」(新潮社)でも好評連載中!

考える人へのリンク画像

この連載は基本的に月2更新でお届けします。
次回は11月15日(日)掲載を予定しています。